江戸川区の不動産物件の動向

東京都やその周辺の横浜市や市川市や船橋市など都心部への人口の流入は右肩上がりに増え続けています。
日本の人口が2025年頃から減少に転じるといった一部報道もありますが、都心部はその影響や心配は無いほどの人口の流入が続いています。
そのため、地方の中規模程度の都市では不動産物件の下落や相続した不動産物件の処分にも困るといったニュースもあります。
そのため副業の一つとして、人口の集まる都心部の不動産物件を購入し投資や投機目的に利益を上げる人が増えてきています。

江戸川区の不動産の情報探しはそれほど難しくありません。

都内の不動産物件はやはり安心感があります。
2020年にはオリンピックもありますし、またいろいろなエリアで再開発計画が持ち上がったり実際に計画が始動しているところもあります。

そのため、地価の値上がりも目立つようになってきており、少しずつ都心部から離れた江戸川区も人気が高まりつつあります。



江戸川区は臨海地域でもあり広く、坂の少ないエリアですのでとても住みやすいところです。
横浜などは人気はありますが坂道も多く、足腰に不安があるなたや体力的に心配のある女性などはちょっと住むにくいかもしれません。


その点、江戸川区は自転車などがあれば比較的長距離の移動も楽に行えます。

荒川を越えて都心部や江戸川を越えて千葉方面など簡単に行くことができます。



このような利便性の高い立地の江戸川区は今後益々注目度が上がることが期待されています。


この辺りの区分マンションを購入するなら今がチャンスです。